和歌山県から富士山が見えるとは

和歌山から富士山が見えるとは
 300キロ離れた峠で撮影に成功
 
富士山が見える最遠地点とされる和歌山県那智勝浦町からの撮影に成功した富士山山頂=
 
 富士山が見える最遠地点とされる和歌山県那智勝浦町の色川富士見峠から、322・9キロ離れた富士山の山頂が撮影された。
 
峠の展望台付近から望遠レンズで、朝日に赤く染まる空を背景に、台形の富士山山頂が写された。途方もなく遠い距離だが、よく見えたものだ。一度、わたしも自分の目で見てみたい。その名も富士見峠。
 
平安時代から熊野詣の際に「富士山が見えた」という言い伝えがあり、和歌山県那智勝浦町が、富士山を望める最遠地であることが語り伝えられてきた。
イメージ 1