ザ・リッチスト

 
米生活情報サイト「ザ・リッチスト」が選んだ「世界で最も高価な食べ物6選」に、日本の食べ物が2つ選ばれた。
 
日本の食べ物で選ばれたのは「和牛サーロイン」と「夕張キングメロン」。記事によると、海外でも知られる神戸牛は、ビールや穀物を食べ、リラックスのためのマッサージを受けて飼育される。サーロインの価格は100グラム 3500円程度。
北海道夕張市で生産される夕張キングメロンは、1玉の卸値が250万円に達した例があるほどの高級品だ。
 
 他に選ばれた4つは、生産量が少なく、幻のコーヒーとも呼ばれる「コピ・ルアク」、価格は1杯約100ドル(約12000円)。
セルビアで作られるロバのミルクのチーズ「Pule」、1キロ約1000ドル(約12万円)。
世界で最も高価な香辛料として知られる「サフラン」、価格は1パウンド(約045キロ)約1500ドル(約185000円)。
高級料理の代名詞でもある「キャビア」、金箔(きんぱく)を使ったパッケージも含め1キロ25000ドル(約300万円)。
イメージ 1
イメージ 2