外国人に人気の和歌山

イメージ 1
イメージ 2
 
 訪日外国人が和歌山市内に宿泊するケースが増えている。
和歌山県が発表した2014年の県内の外国人宿泊者は過去最高の303574人となった。13年に初めて20万人を超えたが、さらに10万人近い上積みだ。
 大阪、京都や東京を巡る「ゴールデンルート」の初日、又は、最終日に和歌山市内に泊まるケースが増えている。和歌山城など文化遺産の多い和歌山市を気軽に散策できる点が好評だ。
関西空港を利用する訪日客が空港近くの和歌山に宿泊すると、ホテル代もお得だ。
 
和歌山には和歌山城をはじめ日本文化を気軽に体験できる街並みがあるので人気が出るのは当然のことだ。
 和歌山城は入場料も手頃(410円)なので、気軽に立ち寄れるのが魅力だ。和歌山城の天守閣の入場者数は18年ぶりに20万人を超え、近年増加している外国人観光客に「和の雰囲気」が大人気だ。