西口文也投手、今シーズン初登板

イメージ 1
 
5月28日のジャイアンツ戦で西口文也投手が初登板した。日に焼けていて、2軍で頑張ってきたんだなと思った。
顔や細身の体は、中学生時代からあまり変わっていない。
西口投手は、は一回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せた。しかし二回、一死走者なしから、5番アンダーソンにソロを打たれ先制点を与えた。キャッチャーの要求通りのところに投げたが、うまく打たれた。
四回には二死から連打を浴び一、三塁のピンチ。ここで高橋由、片岡に連続適時打を浴び、3点を失い、西口投手は降板となった。
 

西口投手は「出来はそんなには悪くはなかった。 4回の2アウトからの失点は非常にもったいなかったし、キッチリ抑えなければいけない。そこが今日の反省点です。久しぶりの1軍のマウンドは気持ちよく、また、いい緊張感の中で投げられましたが、2アウトからの粘りのピッチング、ここを今後大事にしていきたい」と試合後、話した。

 
次に183勝目を期待したい。