「香辛料と漢方」

「香辛料と漢方」
 辛い味は漢方では気剤(気のめぐりをよくする)であり、肺・大腸・鼻・皮毛に
影響を及ぼし、新陳代謝を良くするためになくてはならないものである。
 
香辛料は「刺激物」として悪者扱いされることもあったが、じつは、「薬味」=栄養スパイスとして、人間の食に欠かせないものである。
 
「香辛料(栄養スパイス=薬味)」の「薬効」をまとめました。
 
1)お腹を温め胃腸の働きを良くする
 
 消化に時間のかかる食べ物には欠かせないものである。
てんぷらに大根オロシ。根しょうが。サンマと大根オロシ。蒲焼に山椒。トンカツ・冷やし中華に練りからし。肉類にコショウ等のスパイス。ハンバーグに塩コショウとからし等。
 
 水気の多いものは腹が冷え、噛まずに食べる物は胃に負担になる。

麺類(うどんに七味唐辛子とネギ。ざるそばにワサビ。ラーメンにねぎとコショウ)寿司にワサビ・ガリ。しゃぶしゃぶに紅葉卸し。冷奴にネギと生姜。お茶漬けは三つ葉とワサビ。

 
2)全身を温めて血行を良くし、冷えから守る。
 トックリで温めた酒は「五勺の酒は百薬の長なり」のことわざのとおり、全身が温まり、血行がよくなり神経が安らぎ心身の疲れが癒える。
 
寒性の白菜、茄子、胡瓜は薬味で調理する。
 
インド、タイ、ベトナムなどの暑い所では、発散放熱が重要であり、お国料理は自然対応の郷土料理で辛い。寒暖の差の激しい所にエスニック料理がある。
日本人は激辛というが、世界各地に気候風土と、季節に合わせた食文化がある。
グルメという呼び名で、日本の食生活が崩壊しかけており、その結果として健康が損なわれている。
 
3)発散が良くなりストレス解消効果がある。
スポーツの爽快感と同じで、躁鬱気味の人は、香辛料の常用で軽快する。
天然の神経安定剤である。
 
気疲れ、気鬱などの神経症で気を病む人には、血が良く巡り、皮膚からの発散が良くなれば、「気」が滞ることはない。
七味やワサビを「刺激物」と思い、毒と信じていた人が、常用すると痔がおこらなくなり、鼻詰まりがいつの間にかよくなった。
 
4)細菌の繁殖を防止して、食中毒から守る予防薬である
 
 腐敗しやすい生魚を食べるとき、握り寿司や刺身には、ワサビやシソ・大根・ショウガ等がたっぷり添えられる。
食中毒やジンマシンを防ぐ知恵である。
欧米でも中国でも香辛料は食料の一部である。
冷蔵庫のなかった時代の生鮮食品の輸送・保存の技術は乾燥・塩蔵と香辛料の利用であった。
ご飯に梅干を入れ保存した等は、香辛料の応用である。
 
5)胃腸の働きを高め、便秘・下痢が治り、発汗して喉痛・咳・痰を解消する肺と大腸の為の食べる薬である。
 
唐辛子を入れて漬けた白菜に、七味を振りかけて食べ、タクアンをお菜としたかつての日本人は、便秘や下痢の苦労はしなかった。
辛味大根、ネギの冬野菜を常食し、漬物も毎食欠かさなかった。
 
若い娘さんから老人まで、生野菜・果物が良いと洗脳されて便秘で苦しんでいる。
寒性の生野菜・果物の多食は、便秘の原因に一つなっている。
香辛料不足では、大腸は動かない。
 
 
 
6)高血圧、心臓病の予防や、冷え性が治り、行動が活動的になる成人病予防の重要な薬である。
 
薬味は、抹消血管が良く通り血圧が下がる。
楽に発散するので心臓の負担も軽くなる。
新陳代謝が活発になり、過剰な体脂肪を燃焼させ肥満の改善に有効である。
 
血液循環が良くなる結果、頭脳活動をはじめ皮膚の艶も、四肢の動きも内臓の機能も活動的になる。五味と感温の調和を実践すれば、五臓(肝・心・脾・肺・腎)は守られる。
イメージ 1
イメージ 2