「日本におけるソースのあゆみ」

「日本におけるソースの歩み」
イメージ 1
日本におけるソースの第一歩は、1885年(明治18年)、ヤマサ醤油が製造した「新味醤油」が最初である。
ヤマサ醤油の経営者、8代目浜口儀兵衛が、アメリカで味わったウスターソースを日本でも広めようとして製造し、海外へも「ミカドソース」として輸出された。
 
しかし、浜口儀兵衛の感覚に時代のほうが追いつかず、あまり売れることなく数年後に製造打ち切りとなった。(地震による津波から人々を救った「稲むらの火」で有名な浜口儀兵衛は7代目。)
 
日本においてウスターソースが注目されるようになったのは、大正時代。
大正時代に入って、フライやトンカツなど洋食が国民生活に浸透し、しょう油よりソースのほうが洋食に合うと使用されるようになった。
 
ところが、太平洋戦争が起こり、戦中、戦後と砂糖不足が深刻になった。
このような状況でソース会社が取り組んだのは、砂糖の変わりにリンゴなどの果物を使用した「フルーツソース」。
ウスターソースよりとろみと甘みがあり新しいファンをつくった「フルーツソース」はやがて「とんかつソース」に発展していった。
 
ブルドックソースやカゴメソースなどの大手が製造する「とんかつソース」は、その後順調に生産を伸ばしていった。
 
しかし、現在では、生産量は横ばい状態となっている。
それは、かつて、野菜料理にも使用されていたソースは、マヨネーズやドレッシングに取って代わられるようになったからだ。
 
時代の移り変わりが、ソースの使用量にも反映されていて、おもしろい。