智辯和歌山vs国学院栃木 感想

平田投手のクレバーな投球が智辯和歌山を勝利に導いた。平田投手は確実にストライクを取れるスライダーを主体に早めに国学院栃木打線を追い込み、前半をピシャリと抑えた。 智辯和歌山打線も、初回無死1,3塁のチャンスに3番林が左中間フェンス直撃の3塁打で2者を還した。その後も追撃の手を緩めず7-0とした。 後半…

続きを読むread more

因縁の対決~国学院栃木の監督は18年前、選手として智辯和歌山と対戦していた

  18年前にも選手としてセンバツで智弁和歌山と戦った国学院栃木の柄目直人監督はベスト8をかけて因縁の相手に挑んだ。 選手として出場した72回大会で敗れた相手が智弁和歌山。当時は1番打者で中堅手だった。母校の指導者となり、18年越しの雪辱にかけた。 2000年の選抜大会で国学院栃木は育…

続きを読むread more

ソフトバンクが注目するセンバツ有望選手

  甲子園球場のバックネット裏でプロ野球のスカウトが「金の卵」に目を光らせた中、福岡ソフトバンクの永井智浩球団統括本部編成・育成部長兼スカウト室長(42)が目についた有望選手を挙げた。  「改めてですが、やっぱりすごかった」と最初に挙げたのは春連覇を狙う大阪桐蔭のスター選手たちだった。エース…

続きを読むread more