智辯和歌山vs乙訓 観戦記1 バッテリー編

  特筆すべきは、エース平田を起用せずに勝ったことだ。 先発小堀、湯浅、池田とリレーし4失点で抑えた。   小堀投手は、サイドハンドの投球フォームがまとまってきたと感じた。立ち上がりこそ球が上ずっていたが、2回以降は安定した。球威球速もまずまずあり、非常に成長した姿を見…

続きを読むread more

智辯和歌山 2017新チーム公式戦結果

8・27 5-1 近大新宮 〇平田 新人戦2回戦 8・31 13-0海南   〇平田 新人戦3回戦 9・3  17-3那賀     〇平田 新人戦準々決勝  9・9  3-4箕島   ●平田 新人戦準決勝  9・30 12-0和歌山南陵 〇平田 秋季…

続きを読むread more

大阪桐蔭 公式戦11連勝

、西谷監督 エース柿木を称賛 「経験を生かして投げた」   秋季高校野球近畿大会決勝 大阪桐蔭1-0智弁和歌山   大阪桐蔭が智弁和歌山を破り、3度目の優勝を果たした。    決勝は新チーム結成後、公式戦で初めての接戦となったが、先発・柿木蓮投手が7…

続きを読むread more

下関国際7-0尾道

  中国大会準決勝 下関国際041 000 02=7  尾道  000 000 00=0  (下)鶴田 - 品川  (尾)井上 - 森田 今夏甲子園を経験したメンバー6人がスタメンに並ぶ下関国際と、1年生が主体の尾道の対戦は、明らかに経験…

続きを読むread more