智辯和歌山5-1近大新宮

  智辯和歌山が4番文元の2ランホームランやセイフティ・スクイズなど、大技小技を織り交ぜて、近大新宮に勝利した。 旧チームと比べ、秋の時点の投手と守備力は格段に安定している。 平田投手は、投げるときに上体が3塁側にブレるクセがあったが、今日は気にならなかった。制球力も成長していた。あと…

続きを読むread more

那賀2-1粉河

那賀2-1粉河   両チームに高積中学校野球部OBがいるので、成長ぶりを観たかった。 粉河の7番西本選手、那賀の1番松下選手、3番山本選手が出場していた。 元気そうで何よりだった。 松下選手は「打とう打とう」という意識が強すぎて、悪い球に手を出していたように見られた。両チームとも、投手力と守備…

続きを読むread more

鶴岡記念大会2017を観戦して

鶴岡記念大会2017を観戦して   中四国ブロック 4 0 0 0 0 0 0  4 和歌山選抜   2 0 1 0 0 0 0  3 中四国:伊藤・上田‐今門・矢野泰 和歌山:岩本・矢田‐梅本・宇井 二塁打: 平尾(和) 三塁打:大塚(中)  本塁打&nbs…

続きを読むread more

鶴岡一人記念大会2017準決勝

鶴岡一人記念大会2017準決勝   中四国ブロック 2 0 0 0 0 0 0  2 九州ブロック  0 0 0 1 0 0 0  1   中四国:伊藤・福島来‐ 矢野泰 九州:宮本・吉開 ‐山口) 二塁打:牛島・西(九) 本塁打:大塚(中)  …

続きを読むread more

夏の甲子園 ドラフト候補【内野手】

  ■鵜飼航丞(中京大中京) ポジション:一塁手 181cm・84㎏・右投右打  評価:C  おすすめ球団:中日   全国でも屈指のパワーを持つ右の強打者。力を持て余すことなく、小さい動きで強く打てるのが長所。ファーストだが脚力があるのも魅力。若…

続きを読むread more

花咲徳栄Vの裏に東北福祉大コネクション

  「悲願の優勝、何とか私たちが成し遂げました。ありがとうございました」   そう話した岩井隆監督(47)の目には、うっすらと涙が光っていた。 埼玉県勢として初めて灼熱の夏を制覇した花咲徳栄。決勝戦は14-4という圧倒的大差で、広陵(広島)を粉砕した。   …

続きを読むread more