興福寺・阿修羅像

  興福寺で最も有名な仏像、作られたのは奈良時代。脱乾漆造という奈良時代に流行った技法で、阿修羅像はその代表作です。   六本の腕と三つの顔を持った姿で、三つの顔は正面が喜びの表情、左面が唇を噛みしめる後悔の表情、右面が懺悔の悲しみの表情をしている。153.4㎝…

続きを読むread more

春季東北大会決勝

八戸学院光星(青森3) 0-1 仙台育英(宮城3)   八戸光星|000|000|000| = 0 仙台育英|000|010|00x| = 1   (八)向井、福山 (仙)長谷川   ※仙台育英が4年ぶり12回目の優勝   …

続きを読むread more