至芸

至芸   貧しい人生なので、芸術を楽しむ余裕はなかったが、今後は芸術にも触れていきたいと願っている。   芸術を極めるということは、たいへんな労苦がともなうのではないかと思っていたが、歌舞伎で至芸をうたわれた六代目尾上(おのえ)菊五郎は、声の弱い欠点を絶妙のセリフ回しを完成することで克服し…

続きを読むread more

和歌山南陵高校野球部40人でスタート

  和歌山南陵高校は開校式・入学式を行い、1期生56人でスタートを切った。菊地校長は社会で通用する人材育成などを教育目標に掲げ、「一流の社会人を育成したい」と訴えた。   同校の生徒の約40人が野球部員であることから日高高校中津分校の野球部が5人から始まり甲子園に出場した話を…

続きを読むread more