「日本の生鮮野菜輸入量」

「日本の生鮮野菜輸入量」   将来、農業をやるつもりはあまりないが外国から輸入している農作物を作れば、必ず売れるのではないだろうか。 だから、儲かる確率も高い。 これが、わたし流である。   しかし、農地が限られていることや輸入農作物の価格との価格差が課題である。 &nb…

続きを読むread more

男は見た目が9割?

『ナイナイのお見合い大作戦!』が突き付ける残酷な現実   TBSの特番『ナイナイのお見合い大作戦!』で2月14日に放送された『三条の花嫁3時間スペシャル』は、男性参加者を「新潟県三条市の社長(中小企業のオーナー社長)もしくは次期社長」に限定し、女性参加者はいつものように全国各地から募集するという…

続きを読むread more

堀場製作所の株が急上昇

  世界揺るがしたVW排ガス不正、見抜いたのは堀場製作所の小型測定器   世界を揺るがした独フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼルエンジンの排ガス規制逃れで不正を見つけた機材は、京都市に本社がある計測器メーカー、堀場製作所のポータブル測定器だった。    世界…

続きを読むread more

「斎藤」「和義」

斉藤和義のCDを聴きながら通勤している。 最近、2013年10月23日に同時発売された「斎藤」と「和義」をアマゾンで同時に購入した。   中古なので「斎藤」が1055円。「和義」は400円。 同時発売なのに価格差がありすぎる。同じショップである。   これは、きっと…

続きを読むread more

釈迦の言葉

読むだけで、心が軽くなる「釈迦の名言」   「自分の道は自分で切り開く」シンプルでありながら合理的な概念。釈迦の言葉が、現代人にも広く受け入れられる。   01. すべての悪行は心から生じるもの。 もしも、心が変われるのなら、あなたの罪だって変えられるはずです。 &nbs…

続きを読むread more

「ドラキュラ伯爵のピンチ」

オールバックの髪型に黒い燕尾服、エリを立てたこれまた黒いマントに身を包み美女の血を吸う吸血鬼ドラキュラ伯爵の物語は1897年アイルランドの小説家ブラム・ストーカーによって発表された。   生き血を求めて夜空を飛び回り神出鬼没のドラキュラ伯爵の住み家は、ルーマニア トランシルバニア地方の…

続きを読むread more