東京でうどんよりもそばが食べられる理由

  東京には、蕎麦屋が多い。昼時には、蕎麦屋に客が押し寄せ大人気である。 東京でそばが愛される理由は・・・・     日本では平安時代以降、京都の皇族や貴族など上層階級を中心に脚気が発生している。江戸時代の江戸では、精米された白米を食べる習慣が広まり、将…

続きを読むread more

うなぎ

うなぎ   日本で暑い時期を乗り切るために栄養価の高いうなぎを食べるという習慣は万葉集にも詠まれている古いものだが、土用の丑の日に食べる習慣となったのは、文政5年(1822年)当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)によれば、安永・天明の頃(1772年 - 1788年)よりの風習であるという。 &nbs…

続きを読むread more