森鷗外の「舞姫」

森鷗外の「舞姫」は、鴎外のドイツ留学時代の経験をモチーフに書かれ、ドイツ留学中の太田豊太郎が踊り子のエリスと出会い、同棲して妊娠させたが帰国。  その後エリスは悲しみのあまり気がふれるという小説である。   帰国後、鷗外のもとにドイツ人女性が来日して、滞在…

続きを読むread more