黒田清輝「湖畔」

1897年作 69×85cm 東京国立博物館所蔵   近代日本洋画の父、黒田清輝の最高傑作ともいえる「湖畔」。 国の重要文化財に指定されている「湖畔」は1897年、 後に黒田清輝の妻となる金子種子(当時23歳。のちに照子と改名)が、避暑として箱根の芦ノ湖を訪れた際、照子をモデルに…

続きを読むread more