「陸奥宗光」

「陸奥宗光」 陸奥宗光は、1844年、紀州藩士・伊達千広(ちひろ)の6男として和歌山で生まれた。 父は紀州藩に仕え、財政再建をなした重臣(勘定奉行)であったが、宗光が8歳のとき 藩内の政争に敗れて失脚したため、一家は窮乏の生活を余儀なくされた。 陸奥宗光が、日本の外交史を飾る偉人となりえたのは、小さかったころ…

続きを読むread more