「日本におけるソースのあゆみ」

「日本におけるソースの歩み」 日本におけるソースの第一歩は、1885年(明治18年)、ヤマサ醤油が製造した「新味醤油」が最初である。 ヤマサ醤油の経営者、8代目浜口儀兵衛が、アメリカで味わったウスターソースを日本でも広めようとして製造し、海外へも「ミカドソース」として輸出された。   しかし、浜口儀…

続きを読むread more