「白雪姫の毒リンゴ」

「白雪姫の毒リンゴ」   白雪姫というとても美しい王女がいた。 彼女の継母である王妃は、自分が世界で一番美しいと信じており、 彼女の持つ魔法の鏡もそれに同意したため、満足な日々を送っていた。   白雪姫が7歳になったある日、王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女性は?」と聞くと「白雪姫だ」という…

続きを読むread more