「宝永大噴火」

「宝永大噴火」   宝永の大地震から49日後の1707年12月16日、富士山が大噴火を起した。   日本の歴史が記されるようになった奈良時代以後では、 史上最大の大噴火だ。   宝永の大地震の余震が続いていたが、12月15日夜から富士山一帯では 大きい余震が数十回も発生してい…

続きを読むread more