「湯浅しょうゆ」

「湯浅しょうゆ」   鎌倉時代の1251年、僧覚心は、禅宗を極めるために本場中国に渡った。 覚心は、禅宗の奥義とともに広州の径山寺で味噌の製法を学び帰国。 後に、源氏3代将軍源実朝を弔うために建てられた由良町の興国寺に招かれた。   覚心は、径山寺の味噌を日本でも作り始めるが、この製造過程で桶…

続きを読むread more