「アラル海」 20世紀最大の環境破壊

「アラル海」 1861年に起こった南北戦争とその後の奴隷制の廃止によって アメリカ産綿花の生産が落ち込み、世界的に綿花の価格が高騰した。 これにともなってイギリスは植民地・インドでの綿花栽培に力を入れた。   一方、産業革命途上のロシアは、南北戦争による世界的な綿花供給の落ち込みに 直面したばかりでなく…

続きを読むread more